第140回北信越地区高校野球福井県大会2回戦・福井工大福井ー美方 5回無失点と好投した福井工大福井の先発山崎晃輝=4月29日、福井県敦賀市総合運動公園野球場

 第140回北信越地区高校野球福井県大会は4月29日、福井県内2会場で2回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第1試合は福井工大福井が4―0で美方を退け、準々決勝に進んだ。

福井工大福井
030 010 000…4
000 000 000…0
美方

■福井工大福井 山崎晃輝、武盛智樹―竹橋尚輝
■美方 岸本健吾、鈴木友平、末友涼―大木翔斗

 福井工大福井は二回、2死一、二塁から津野一樹の中前適時打に相手失策が絡み2点を先制。この回さらに1点を加え3―0とリードを広げた。五回には1死二、三塁から竹橋尚輝の犠飛で追加点。堅実な試合運びで快勝した。

 先発右腕山崎晃輝が5回無失点の好投。六回から投げた武盛智樹も4回無失点と安定感を見せた。

 美方は四回と八回に満塁の好機を迎えるも、あと1本が出なかった。3投手が継投。二回途中から投げた鈴木友平が6回1/3を1失点と粘ったが、打線の援護が得られなかった。

関連記事