第140回北信越地区高校野球福井県大会2回戦・高志―啓新 一回裏啓新2死一、二塁、中川琳太の適時二塁打でホームに滑り込む上ノ山倫太朗=4月28日、福井県営球場

 第140回北信越地区高校野球福井県大会は4月28日、福井県内2会場で2回戦を実施。福井県営球場の第2試合は啓新が高志を7―3で下し準々決勝に進出した。

高志
010 000 101…3
300 010 03x…7
啓新

■高志 五十嵐大智ー白塚公基
■啓新 安積航大、岩田誠世―中川琳太

 啓新は初回、松村望の左越え二塁打などで2死三塁とすると、4番上ノ山倫太朗の適時打で先制。さらに中川琳太と澤田陸斗の連続適時打でリードを3点に広げた。五回に1点を加え八回、またも中川琳が適時打を放ち5点目を追加。岩田誠世が1死二、三塁で中前2点適時打を放ち試合を決定付けた。

 先発した2年生の安積航大は7回を2失点に抑える好投を見せ、継投した岩田も1失点でしのいだ。

 高志は二回、失策や犠打で1死三塁とすると、五十嵐大智が左前適時打を放ち1点を返した。七回と九回にも加点し追いすがるも力尽きた。

 啓新は30日、敦賀市総合運動公園野球場の第1試合で第1シードの金津と準々決勝を戦う。

関連記事
あわせて読みたい