第140回北信越地区高校野球福井県大会2回戦・福井高専―金津 2回裏金津1死一、三塁、相手失策の間に先制のホームを踏む金津の夛田新太郎=4月28日、福井県営球場

 第140回北信越地区高校野球福井県大会は4月28日、福井県内2会場で2回戦を実施。福井県営球場の第1試合は第1シード金津が福井高専を7―0(7回コールド)で下し、準々決勝に進出した。

福井高専
000 000 0 …0
032 000 2x…7
金津

■福井高専 服部雅大―藤田悠生
■金津 斉川隼大―高桑篤耶

 昨秋の県大会で初優勝した金津は投打に実力を発揮。二回裏、相手の失策で先制し、山川真の右前適時打と前川郷のスクイズでさらに2点を追加した。三回にも石丸結大が2点適時三塁打を放ち加点。七回、1死一、二塁でまたも石丸が一塁線を破る2点適時二塁打を放ち試合を決めた。先発した斉川隼大は打たせてとる粘りのピッチングを展開。相手打線を散発5安打に抑える7回無失点の好投をみせた。

 福井高専は五、六回を除く毎回ランナーを出したが、あと1本が出ず、チャンスを生かせなかった。

関連記事