第140回北信越地区高校野球福井県大会の見どころ

 第140回北信越地区高校野球福井県大会第5日は4月29日、福井県福井市の福井県営球場と敦賀市総合運動公園野球場で2回戦4試合が行われる。第3シード福井工大福井が美方と対戦する。

 ⇒トーナメント表を見る

 敦賀市総合運動公園野球場の第1試合に登場する福井工大福井は1回戦で奥越明成に先制を許しながらも、延長11回に頼れる4番打者平澤毅人の一振りでサヨナラ勝ち。第3シードの面目を保った。一方、三国を8-1で破り2回戦に進出した美方は投打ともに充実した試合展開を見せており、激戦になりそうだ。

 敦賀第2試合は丹生と科学技術が対戦。ピンチに強い精神力を発揮し勝ち上がった丹生は越前市長杯で初優勝を果たした勢いを感じさせる試合運びだった。若狭との接戦をものにした科学技術はクリーンアップが結果を出しており、好ゲームが期待される。

 県営球場第1試合は第4シードの北陸が武生工業と激突。1回戦で藤島を零封した若泉柊斗、武生商業を6安打2失点に抑え9回を投げきった武生工業の野村諒の投げ合いに注目したい。

 県営第2試合は福井商業対足羽。足羽は1回戦で11安打を放って丸岡を圧倒しており、勢いに乗って名門に挑む。

 ■第5日の日程

▽福井県営球場
武生工業―北陸(午前10時)
足羽―福井商業(午後0時半)

▽敦賀市総合運動公園野球場
福井工大福井―美方(午前10時)
丹生―科学技術(午後0時半)

 ■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、北信越地区高校野球福井県大会の全試合、全打席を電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。閲覧には会員登録が必要。D刊の速報サイト「fast」単独のプランでも閲覧できる。⇒申し込みはこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。熱戦の写真は写真ニュースサイト「Web写真館」で試合当日に公開する。

関連記事
あわせて読みたい