ソニー本社=東京都港区

 ソニーが27日発表した2018年3月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前期比約2・5倍の7348億円となり、20年ぶりに最高益を更新した。スマートフォンの画像処理に使う半導体事業が好調だった。

 ただスマートフォンの不振が続いており、半導体の成長も鈍化するため、19年3月期の売上高は2・9%減の8兆3千億円、営業利益は8・8%減の6700億円と減収減益を見込んだ。

 18年3月期の営業利益はこれまで最高だった1998年3月期を約2千億円上回った。純利益は約6・7倍の4907億円で10年ぶりに最高を更新。売上高は12・4%増の8兆5439億円だった。

関連記事
あわせて読みたい