【10年前のきょう・2008年4月27日】坂井市丸岡町の文化団体、丸岡五徳会は地元ゆかりの俳人、皆吉爽雨(みなよしそうう)(一九〇二―八三)の石碑を同町富田町一丁目のまちかど公園内に建立し二十七日、除幕式を行った。

 皆吉は福井市生まれ。生後三カ月で当時の丸岡町長の養子となり、一二年まで丸岡で暮らした。四六年に俳誌「雪解(ゆきげ)」を創刊。六七年に第一回蛇笏賞を受賞し、七八年からは日本俳人協会副会長を務めるなど、中央俳壇に功績を残した。

関連記事
あわせて読みたい