店内に突っ込み、車体が半分ほど入ったところで止まったワゴン車=4月25日、福井県福井市板垣3丁目

 4月25日午前11時55分ごろ、福井県福井市板垣3丁目の県道で、ワゴン車同士の衝突事故があり、1台が近くのクリーニング店に突っ込んだ。店内にいたパート従業員の40代女性が驚いて転倒し、割れたガラス片で左ひざを切る軽傷を負った。

 県警福井南署によると、福井市の70代自営業男性のワゴン車が、クリーニング店と道路を挟んだ向かい側の駐車場から県道へ出ようとしたところ、右側から来た同県勝山市の40代会社員男性のワゴン車と衝突。福井市の男性が運転操作を誤り同店に突っ込んだ。

 ワゴン車は店舗のガラス壁を突き破り、車体が半分ほど入ったところで止まった。店内にいた40代女性客は「道路の方でドンと大きな音がして、振り向いたら車が突っ込んで来た。怖かった」と話していた。

 ワゴン車の2人にけがはなかった。同署で原因を調べている。

関連記事