【10年前のきょう・2008年4月25日】北海道洞爺湖サミットを七月に控え、小浜署と関西電力高浜原発は二十五日、連絡体制を強化するため、原発テロの未然防止に関する協定を結んだ。サミットに合わせ、警察と原発が協定を締結するのは全国で初めてという。

 サミットは本県に近い京都や大阪でも閣僚会議を予定されており、テロリストの通過地点となる可能性がある。協定を締結することで原発周辺の不審者や不審船、怪しい電話などに関する情報を共有し、共同の訓練も積極的に展開する。

関連記事
あわせて読みたい