熟成牛ハラミマウンテン

熟成Tボーンステーキ

 Tボーンステーキや希少和牛の食べ比べなど多彩な肉料理が楽しめる「お肉マルシェ 極上祭2018」は5月3~6日、福井県福井市のハピテラスで開かれる。3年目を迎えた今回はソムリエが各料理と相性の良いワインを厳選。ゴールデンウイークはおいしい肉とワインを堪能してみては-。

 福井市と市の第三セクターまちづくり福井、福井新聞社が主催。全12品の絶品メニューが並ぶ。

 前回一番人気の牛ハラミ丼は「熟成牛ハラミマウンテン」にパワーアップ。赤ワインのタレにじっくり漬け込んだ肉が山のように折り重なり食欲をそそる。サーロインとヒレの高級部位を味わう「熟成Tボーンステーキ」(1日限定30食)が再登場する。

 新メニューも充実し、合いびきパティや甘口ミートソースを挟んだ「テキサスクレストビーフソースバーガー」はボリューム満点。「希少和牛3種」(1日限定100食)は短角、あか毛、黒毛をトリュフ塩で食べ比べる。

 韓国風ピリ辛みそに漬け込まれた牛カルビがチーズと絡み合う「チーズギュウカルビのサイコロステーキ」、8時間以上の低温調理でうまみを引き出した「厚切り牛たん炭焼きステーキ」などもある。肉料理は1品900円から。

 ワインは越前市出身のソムリエ白井怜子さんの監修で約20種類をそろえ、1杯500円から提供する。ビールやハイボール、ソフトドリンクもある。

 午前11時から午後7時まで(最終日は同6時まで)。詳細は公式サイト「ふくいお肉マルシェ」で確認できる。問い合わせは福井新聞社事業局=電話0776(57)5180。
 

関連記事