第140回北信越地区高校野球福井県大会1回戦・勝山―福井商業 延長十回表、勝ち越しのホームを踏んだ福井商業・加藤実里=4月22日、福井県敦賀市総合運動公園野球場

 第140回北信越地区高校野球福井県大会は4月22日、福井県内2会場で1回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第3試合は福井商業が勝山を延長10回、4―2で下し2回戦へ進出した。

福井商業
001 000 010 2…4
002 000 000 0…2
勝山
(延長10回)

■福井商業 新井大輝、加藤実里―藤井翔太郎、北川雄樹
■勝山 原崎宗文、廣田圭介、原崎宗文―田中択実

⇒福井県大会トーナメント表はコチラ

 福井商業は三回、2死一塁から荒木光が中前打を放つと、一塁走者が相手守備の乱れを見逃さず先制のホームを踏んだ。1点差を追う八回には2死二塁の場面、ピンチヒッター北川雄樹の右前適時打で同点に追いついた。延長十回には、無死一、二塁から小川晃弘の犠打が相手守備の乱れを誘い逆転。続く平川翔斗のスクイズで試合を決定づけた。

 先発の新井大輝は三回に2点を失うも、気合の投球で勝山打線に得点を許さず。継投した加藤実里も3回を投げ6奪三振の好投でぴしゃりと抑えた。

 勝山は1点を追う三回、2死一、三塁の場面で田中択実が右中間適時二塁打を放ち逆転に成功した。しかしその後打線がつながらず、力投する投手陣を援護することができなかった。

関連記事