第140回北信越地区高校野球福井県大会1回戦・科学技術―若狭 一回表科学技術2死三塁、吉川の適時打で先制のホームを踏む田中=4月22日、福井県営球場

 第140回北信越地区高校野球福井県大会は4月22日、福井県内2会場で1回戦を実施。福井県営球場第2試合は科学技術が若狭を6―4で下し2回戦に進出した。

⇒福井県大会のトーナメントはこちら

科学技術
101 003 010…6
000 200 110…4
若狭

■科学技術 衣川孝治、渡部陽、井手翼―岡部大空
■若狭 須賀原龍弥、嶋本有真、小堂莉玖―新谷悠太

 科学技術は初回、2死三塁で吉川虎太朗の右前適時打で先制。四回に同点とされたが六回、四球や失策で2死満塁とすると山口晋平が2点適時打を放ち勝ち越し。さらに吉川の右前適時打で5点目を奪った。八回にも1点を追加しリードを広げた。投げては衣川孝治、渡部陽、井手翼の3人の継投で逃げ切った。

 若狭は四回に小林久也の中前適時打などで同点とし、七、八回にも1点ずつ加え食らい付くも、後1本出なかった。

関連記事