石川―福井 8回福井、二死、荒道好貴(右)が2本目となるソロを放ちベンチから祝福を受ける=石川県の加賀市中央公園野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは4月21日、石川県の加賀中央公園野球場で石川ミリオンスターズと対戦し、8―3で勝利。開幕2連勝を飾り、西地区単独首位に立った。

 次戦は22日午後1時から、福井県坂井市の三国運動公園野球場で富山GRNサンダーバーズと対戦する。

福井
412 000 010 …8
000 021 000 …3
石川

 【評】福井は三回までに7得点し、序盤で主導権を握った。14安打と打線がつながり快勝した。

 初回、1死一、三塁から清田亮一の右越え三塁打で先制。さらに、荒道好貴の2ランで追加点を奪った。二、三回には松本友の適時打で加点。3点を返されたが、八回に荒道が左越えにソロ本塁打を放ち、流れを引き戻した。

 先発浜田俊之は6回3失点。毎回走者を出したが粘り強く投げ2勝目を挙げた。七回以降は日下部啓太、岩本輝、イム・テフンがいずれも無得点で締めて守り切った。

関連記事