札幌市内で記者団の取材に応じる立憲民主党の枝野代表=21日午後

 自民党の石破茂元幹事長は21日、森友、加計学園問題や福田淳一財務事務次官のセクハラ疑惑など一連の政府の不祥事に関し「経験したことのない風当たりの強さだ」と危機感を表明した。一方、野党は「与党は審議できる状況を整えていない」(立憲民主党の枝野幸男代表)として、麻生太郎副総理兼財務相の辞任などが認められなければ、国会審議に応じられないと改めて強調した。

 石破氏は岩手県釜石市で記者団の質問に答え「時間がたてば国民は忘れるだろうとは、間違っても思ってはいけないし、国民をなめてはいけない」とくぎを刺した。

関連記事