第140回北信越地区高校野球福井県大会1回戦・藤島―北陸 7回無失点と好投した北陸の若泉柊斗=4月21日、福井県敦賀市総合運動公園野球場

 第140回北信越地区高校野球福井県大会は4月21日、福井県内2会場で1回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第3試合は第4シード北陸が藤島を7―0(7回コールド)で下し、2回戦へ進出した。

⇒福井県大会のトーナメントはこちら

藤島
000 000 0…0
000 223 ×…7
北陸

■藤島 長谷川健太―池田尚弘
■北陸 若泉柊斗―杉本来稀

 北陸は四回、1死二、三塁から岡大貴が右前に返し2点を先制。五回は山内佑真の適時打などで2点を加え、六回には1死満塁から丸山凌、山内の連打で3点追加。藤島を突き放し、コールド勝ちを収めた。

 北陸の先発エース左腕、若泉柊斗が7回無失点と安定感を見せた。散発3安打で、相手に二塁を踏ませなかった。

 藤島は一、二、六回に安打を放ったが、いずれも後続が続かず北陸を脅かせなかった。先発のエース右腕長谷川健太は序盤を無失点で切り抜けるも、中盤に畳み掛けられた。

関連記事