福井県内市町別の平均寿命

 平均寿命が最も長い市区町村は、女性が沖縄県北中城村の89・0歳で、男性は横浜市青葉区の83・3歳だったことが、厚生労働省が4月17日に公表した「2015年市区町村別生命表」で分かった。5年に1回まとめており、今回が4回目。女性の沖縄県北中城村は3回連続のトップ。福井県で最も平均寿命が長いのは男性が鯖江市の82・2歳で全国29位。女性は南越前町の88・2歳で全国18位。最も短いのが男性が勝山市の80・6歳、女性が小浜市の86・9歳だった。

 2~5位は、女性は沖縄県中城村88・8歳、同県名護市88・8歳、川崎市麻生区88・6歳、石川県野々市市88・6歳。男性は麻生区83・1歳、東京都世田谷区82・8歳、横浜市都筑区82・7歳、滋賀県草津市82・6歳の順だった。小数点第2位を四捨五入しており、年齢が同じでも同じ順位ではない。

 一方、平均寿命が最も短いのは男女ともに大阪市西成区で、男性73・5歳、女性84・4歳。男性の2位は大阪市浪速区の77・5歳で、3~5位は平内町77・6歳、むつ市78・1歳、中泊町78・1歳と、いずれも青森県内の市町だった。女性の2位以下は北海道稚内市85・1歳、福島県西郷村85・2歳、青森県蓬田村85・2歳、岩手県釜石市の85・3歳の順だった。

 厚労省の担当者は「食生活など生活習慣が影響しているとみられるが、同じ県内でもばらつきがあり、要因は特定できない」と話している。

 男女の平均寿命の差は全国では6・2歳。男女差が大きいのは大阪市西成区10・9歳、鹿児島県天城町8・7歳、名護市8・5歳。最も小さいのは奈良県平群町の4・8歳で、千葉市美浜区4・8歳、長野県大町市5・0歳が続いた。

 15年国勢調査のデータなどから算出。1888市区町村を対象とした。

関連記事