第140回北信越地区高校野球福井県大会1回戦・高志-敦賀工業 勝利を決め、喜ぶ高志ナイン=4月21日、福井県敦賀市総合運動公園野球場

 第140回北信越地区高校野球福井県大会は4月21日、福井県内2会場で1回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第1試合は高志が敦賀工業を10-3(7回コールド)で下し、2回戦へ進出した。高志の春季県大会初戦突破は5年連続。

⇒福井県大会のトーナメントはこちら

高志
402 040 0...10
100 020 0...3
敦賀工業

■高志 五十嵐大智ー白塚公基
■敦賀工業 藤田翔矢、北野恭吾ー吉田健心

 高志は初回、先頭打者・脇谷良惠の左前打などで無死一、二塁のチャンスを作ると白塚公基の右前適時打で先制した。続く4番・吉村俊洋も右翼線へ二塁打を放ち2点を追加し、間航志の犠牲も出て一挙4点を奪った。6対1で迎えた五回には1死一、二塁から宮崎雄生、吉田達成の連続適時打で3点追加。白塚公基にもタイムリーが飛び出し試合を決めた。

 先発した五十嵐大智は初回に1点を奪われたものの、打たせて取る安定したピッチングで大崩れすることはなかった。

 敦賀工業は五回に1死一塁から北川留伊の右越え適時二塁打などで2点を返すが、打線につながりを欠き追撃することができなかった。

関連記事