【ニューヨーク共同】19日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落して一時、前日からの下げ幅が100ドルを超えた。午前10時現在は前日比71・84ドル安の2万4676・23ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は39・49ポイント安の7255・75。

 米IT大手アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)8」の需要が低迷しているとの見方が出て、アップルが大幅に下落。半導体のインテルも値下がりし、ハイテク株が相場全体の下げを主導した。

関連記事
あわせて読みたい