3年生エースのアビダンは、内外野のポジショニングを考えてコースを投げ分けられるようになり、安定感が増した。

 昨秋の県大会初戦で好投したエースを助けられず悔しい思いをした打線は、下半身を強化し長打力がついた。勝負強い4番眞柄、5番アビダンの前に走者を出し、複数点が奪えるイニングをつくれれば勝機が見えてくる。

部長古橋 光輝
監督早瀬 順也
投 アビダン未来右右 3 丸岡南
捕 眞柄 侑誠 右右 3 丸岡南
一 松浜 和寛 右左 2 春 江
二 伊東 英輝 右右 3 春 江
三 廣谷 颯人 右右 2 春 江
遊○中島龍之介 右右 3 丸 岡
左 伊藤 旬哉 右右 2 永平寺
中 吉田 裕飛 右右 3 丸 岡
右 稲敷 和明 右右 2 坂 井
  宮平 恒汰 右右 2 丸 岡
  大西 崇斗 右右 2 春 江
  河畑 皓大 右右 2 丸 岡
  池田 優希 右右 2 松 岡

関連記事
あわせて読みたい