お披露目された恐竜五月人形を見る子どもたち=4月17日、福井県立恐竜博物館

 端午の節句を控え、福井県立恐竜博物館(勝山市)に4月17日、「恐竜五月人形」と「恐竜こいのぼり」がお目見えした。訪れた園児たちは、武者姿の恐竜に興味津々で見入っていた。

 市内の園児約20人が招かれ、恐竜五月人形を除幕した。

 園児がテープを引くと、よろいと陣羽織をまとった約1・3メートルのフクイラプトルが現れた。普段のちょっと怖い恐竜とは違った華やかな装いに、園児からは「かっこいい」と声が上がった。

 恐竜こいのぼりも園児が掲げた。長さは2~5メートルあり、フクイラプトル、フクイティタンなど福井県で発見された五つの恐竜が描かれている。

関連記事
あわせて読みたい