17日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は小幅に続伸した。終値は前日比12円06銭高の2万1847円59銭。日米首脳会談を控えて様子見ムードが広がり、前日終値を挟んでもみ合う展開が続いた。

 東証株価指数(TOPIX)は6・24ポイント安の1729・98。出来高は約13億5300万株。

 米国で17、18日に開かれる日米首脳会談に関して、市場では「トランプ米大統領が貿易関連で日本に対し強硬な姿勢を示すのではないかと警戒感が強かった」(ネット証券)との声が出ていた。

関連記事