ドラマ『ミス・シャーロック Miss Sherlock』のワールドプレミアに出席した(左から)貫地谷しほり、竹内結子 (C)ORICON NewS inc.

 女優の竹内結子、貫地谷しほり、斉藤由貴、伊藤蘭が16日、都内で行われたドラマ『ミス・シャーロック Miss Sherlock』のワールドプレミアに出席。女性キャストたちは、作風になぞらえて、シックな黒のドレス姿を披露した。

【集合写真】大谷亮平、中村倫也ら俳優陣も

 HuluとHBOアジアで共同制作された同作。シャーロック・ホームズ&ジョン・ワトソンを“女性”に置き換え、イギリス生まれの日本人捜査コンサルタントであるシャーロック(竹内)と、正義感あふれる優秀な外科医・橘和都(貫地谷)が、現代の東京を舞台に人間の心の闇に迫る事件を解決するなかで、唯一無二の“バディ”になっていく姿を描く。

 ドラマは、27日からHuluで独占配信されるほか、19の国と地域で同日放送される。主演の竹内は「今さらながらプレッシャーを感じる。見送る気持ちが半分、世界同時放送ということで新しいドラマが出来上がったなという気持ちです」と笑顔で心境を語ると、共演の滝藤賢一は「ついに世界に羽ばたくときが来たと思って感無量です」とニヤリとほほ笑んだ。

 舞台あいさつにはそのほか、中村倫也、大谷亮平、小澤征悦が出席。実施された心理テストでは、小澤と伊藤が“変人度100%”という診断結果に。伊藤が「全くないですけど、これで仕事が減るってことあるのかな?」と笑うと、小澤は「自覚がないのが一番変人なのかもしれない」と言い聞かせるように返していた。

関連記事
あわせて読みたい