2016年リオデジャネイロ五輪柔道男子100キロ超級銀メダルの原沢久喜(25)が、所属する日本中央競馬会を4月限りで退社することが16日、関係者の話で分かった。今後はスポンサーを探し、柔道界では異例のフリーの立場で20年東京五輪を目指すという。

 複数の関係者によると、原沢は周囲に「五輪の銀メダルから甘えが出た部分がある。崖っぷちに身を置き、自分の力を試してみたい」などと理由を述べており、再三の慰留にも考えは変わらなかった。練習拠点は母校の日大となる見通し。

 原沢はリオ五輪後、国内外の大会で不振。世界選手権後には「オーバートレーニング症候群」と診断された。

関連記事
あわせて読みたい