映画『となりの怪物くん』(27日公開)の『最強怪物決定イベント』に参加した菅田将暉、土屋太鳳 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の菅田将暉(25)、女優の土屋太鳳(23)が16日、都内で映画『となりの怪物くん』(27日公開)の『最強怪物決定イベント』に参加。土屋が役作りのため、「六法」を購入したことを知ると菅田は「怪物だねぇ」と驚きの表情を浮かべた。

【写真】どっちが上手?絵心対決を行った菅田将暉&土屋太鳳

 公開が近づいた今の心境について「季節も春。暖かい時期に公開する映画をあまりやったこない。すごく晴れ晴れした気持ちです」とほほえんだ。演じた春の“怪物ポイント”について菅田は「ずーっと笑顔なんです。この撮影で表情筋が疲れた。こんなに映画で笑ったことはなかった。笑顔でいられることはすごいなって思った」と振り返った。土屋は役作りのために「六法」を買ったという。「雫ちゃんって、夢が弁護士。どういう風な勉強するのか気になって買ったんです」と明かすと菅田は「怪物だねぇ、君も」と驚きの表情だった。

 土屋自身の怪物なところについて菅田は、「現場にまな板と包丁を持ってくる。『菅田くん、めかぶいる?』とか言ってくる。家庭感はすごい。初めて見た」と話し始め、続けて「運動神経もすごい」ときっぱり。バッティングセンターの撮影で野球初心者の役柄にもかかわらず、本格的なスイングをうっかり披露してしまい、月川翔監督から注意を受けたことを暴露。菅田は「太鳳ちゃんは本気出せば全部、ホームラン打てる。腰が入っていた」と笑い、土屋は「女の子ってかわいい振り方をする。たまたま弟もいて、よくバッティングセンターに行ってた。フォームを、すごく気にしていた」と照れ笑い。菅田から原作同様にかわいらしいスイングになっていたことを伝えられ、土屋は「よかった」と安堵していた。

 一方、菅田の怪物な点について土屋は「右脳と左脳がスパイラルに動いている」と独特の表現で称賛。菅田は「どういうこと? 俺、右脳と左脳がスパイラルしていたの?」と困惑しきりだった。

 イベント中の「最強怪物決定戦」では4本勝負で映画の公式HPから応募のあった一般の人4人と対決。土屋が前屈勝負に辛(から)くも勝利しただけで、残りのフラッシュ暗算、絵心、2重飛跳びで全敗。2重跳びで破れた菅田は「年だな…」とぜぇぜぇ肩で息をしていた。

 同作は、テレビアニメ化もされた、ろびこ氏の人気少女漫画を実写映画化。勉強第一で恋をしたことがない女子高校生・雫(土屋)と、隣席の問題児・春(菅田)による風変りな恋愛模様を描く。

 イベントにはそのほかお笑いコンビ・アイデンティティの田島直弥・三浦彰彦が出席した。

関連記事
あわせて読みたい