佐賀県神埼市長選で落選し、敗戦の弁を述べる大仁田厚氏=15日夜

 任期満了に伴い、15日投開票された佐賀県神埼市長選で、元プロレスラーの無所属新人大仁田厚氏(60)が、無所属現職松本茂幸氏(67)=自民、公明推薦=に敗れ、落選した。大仁田氏は同日夜、市内の選挙事務所で支持者を前に「こういう結果になったことは私自身の力不足だ。4年後も戦うことを誓う」と敗戦の弁を述べた。

 選挙戦は現市政への評価や地域振興策が争点となった。参院議員も務めた大仁田氏は、公共事業の見直しやスポーツ振興、自身の知名度を生かしたふるさと納税の推進を掲げたが支持を広げられなかった。松本氏は3期務めた実績を強調、与党の厚い支持を受けて4選を果たした。

関連記事
あわせて読みたい