福井県坂井市長選で4選を確実にし万歳する坂本憲男氏=4月15日午後8時10分ごろ、福井県坂井市の選挙事務所

 任期満了に伴う福井県坂井市長選は4月15日投票が行われ、即日開票の結果、無所属現職の坂本憲男氏(71)=同市三国町下野=が3万2299票を獲得、無所属新人の会社員、東外喜夫氏(68)=金沢市額新保1丁目=に2万6931票差をつけ4選を果たした。

 ⇒坂井市長選の開票速報ページ

 ⇒坂井市議選の開票速報ページ

 坂本氏は、自民のほか、各種団体から幅広い推薦を受けるなど、現職の強みを生かして選挙戦を有利に進めた。

 選挙期間中は、選挙カーで市内をくまなく回り「笑顔で暮らせるまちづくりに取り組んできた」と3期12年の実績を強調。4期目に力を入れたいこととして、産業や観光の振興、教育・子育ての支援、まちづくりなどを挙げた。

 東氏は、市の水道事業の改善などを訴えたが及ばなかった。

関連記事
あわせて読みたい