声援に応え手を振る柴田勝家役の福沢達哉さん(左)とお市の方役の新谷万智子さん=4月14日、福井県福井市中央3丁目

華やかな着物姿で練り歩く戦国姫隊=4月14日、福井県福井市中央1丁目

 第33回ふくい桜まつりのメインイベント「越前時代行列」が4月14日、福井県福井市中心部で行われた。今回新設した女性限定の「戦国姫隊」ら総勢約900人が、福井城址(じょうし)から足羽川河川敷までの約1・8キロのコースを練り歩き、勇壮で華やかな時代絵巻を繰り広げた。

 柴田勝家役は、バレーボール選手で日本代表に選ばれている福沢達哉さん(31)が務め、勇ましい武将姿を披露。お市の方役で2018ミス・ユニバース・ジャパン福井県代表の新谷万智子さん(28)と山車から笑顔で手を振った。

 今秋の福井国体・全国障害者スポーツ大会で活躍が期待される選手らによる市民パレードもあり、沿道などに集まった約7万人(主催者発表)の観衆を魅了した。

関連記事
あわせて読みたい