鮮やかなピンクの花を咲かせている八重桜=4月13日、福井県福井市照手3丁目

鮮やかなピンクの花を咲かせている八重桜=4月13日、福井県福井市花月2丁目

 福井県福井市の通称さくら通りで、八重桜が見頃を迎えている。鮮やかなピンクのふんわりとした花が通りの両側で咲き誇り、ソメイヨシノからバトンを受け取ったかのように、まちに彩りを添えている。

 福井大仏で知られる同市花月1丁目の西山光照寺周辺から西に約1・4キロの区間に約200本が植えられている。数十枚の花びらが折り重なって丸みを帯びた花が、枝に幾つも連なり、木全体を飾っている。

 青空が広がった4月13日は、通りかかった人が写真に収める姿が見られた。子どもを抱いて、一緒に眺めていた福井市の母親(35)は「濃いピンクと大きな花がかわいらしく、ソメイヨシノよりお気に入り」と話していた。

 福井市自然史博物館によると、4月下旬ごろまで楽しめるという。

 
関連記事