金崎さんのチヌ魚拓

【越前海岸】チヌが波松~松島で30~45センチ、鉾島~大崎では35~47センチ。産卵のために浅場に寄る「ノッコミシーズン」の期待が高まる。グレは大崎、玉川でまずまず。メバルは鷹巣~茱崎、居倉~梅浦で20~29センチが1~6匹。

 

【福井新港】チヌはパイプライン、北防、砂防、第2排水口で25~50センチ級が1~5匹。10日には金崎敏和さん(坂井市)が51センチをものにした=魚拓。アジは尺サイズが夕まずめから夜にかけて、第2排水口、サッカー場下で1~10匹。外海側でサゴシ。

 

【嶺南】アジは小浜新港で20~30センチが夕方以降に2、3匹。若狭大島ではサビキ釣りで10匹。若狭本郷、若狭大島の筏(いかだ)では魚体が大きく脂が乗った“黄金アジ”が交じる。小浜新港は胴長20~30センチのコウイカが上向き。サヨリは音海、神野浦の堤防と筏で好調。大飯郡内の防波堤でカサゴ。敦賀半島の小崎の沖磯や佐田の沖テトラなどでチヌ。

 

【河川】サクラマスは九頭竜川、日野川、足羽川のいずれも釣果がある。中流域が良く、ミノー、バイブレーション系ルアーに好反応を示す。九頭竜川河口では良型のスズキ、チヌが上向いている。

 

【沖合】嶺北沖ではジギングでフクラギ、マダイ、ヒラマサ、ソイなどが釣れる。

越前海岸
メバル
チヌ
福井新港
アジ
チヌ
嶺南
サヨリ
アジ
河川
サクラマス
関連記事
あわせて読みたい