BCリーグ福井の開幕戦で5回、敵失の間に生還した荒道好貴(中央)と清田亮一(右から2人目)を迎え、沸く福井ベンチ=4月11日、福井県福井市の福井フェニックススタジアム

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは4月11日、福井県福井市の福井フェニックススタジアムで滋賀ユナイテッドと開幕戦を行い、7―0で勝利。六回表の1球目で雨が強まり降雨コールドゲームとなった。先発の浜田俊之は無失点の好投。毎回の7奪三振で相手を寄せ付けなかった。打線も10安打7得点と好調。投打がかみ合い白星発進した。次戦は15日午後1時から、坂井市の三国運動公園野球場で信濃グランセローズと対戦する。

滋賀
000 000X…0
110 23  …7
福井

 【戦評】福井は開幕戦で危なげなく勝利をつかんだ。エース浜田は三塁を踏ませない快投。打線は再三の好機を生かし、投打で隙がなかった。

 浜田は直球とカットボールを軸にテンポよく投げた。先頭打者の見逃し三振を皮切りに、毎回の7奪三振。無四死球と安定感抜群の投球で攻撃にリズムを与えた。

 打線は一回、1死一、三塁から清田亮一の中犠飛で先制。二、四回はいずれも西和哉の二塁打を足がかりに追加点を挙げた。五回は松本友の適時打などで3点を加え、突き放した。

関連記事