クラウドファンディングの魅力

 インターネットを通じて不特定多数の支援者から資金を募るクラウドファンディング。プロジェクトに応募する実行者にとって目的の「お金を集める」以外の大きなメリットもある。

 まず応募した人は自身のやりたいことや目標を、世間に広く知らせることができる。福井新聞社と福井銀行、運営会社のレディーフォーが連携するクラウドファンディングサービス「ミラカナ」では、福井新聞社がプロジェクトの周知を担う。ウェブサイトと紙面を通じ、県内外の人たちに活動をアピールできる。

 その結果、全国から「ファン」「顧客」を獲得できることも魅力。ネットを通じてプロジェクトの趣旨が伝われば、目標達成の前段階から支援者の共感が寄せられる。開店資金調達の過程で、将来のお客さんを確保することもできる。SNSなどを通じ、ファンがファンを呼び込むこともある。

 支援者にとっても、普段は知り得ないサービスや社会活動を簡単に知ることができ、それを応援できることは面白みだ。購入して得られるリターン(返礼品)には、お店では買えないオリジナル製品もある。ミラカナは「オールオアナッシング方式」のクラウドファンディングで、支援総額が目標金額に満たない場合は、支援者に全額返金される。

関連記事
あわせて読みたい