上田ジェンシャン―サウルコス福井 後半13分、ハットトリックとなるシュートを放つサウルコスの松尾篤(右から2人目)。5―0と突き放す=4月8日、長野県の千曲市サッカー場

 サッカー北信越リーグ1部は4月8日開幕した。福井県勢はサウルコス福井が上田ジェンシャン(長野)に9―0で圧勝。坂井フェニックスは’09経大FC(新潟)に3―2で逆転勝ちし、ともに開幕戦を白星で飾った。

 サウルコスは前半8分、FW山田雄太がクロスボールを相手DFと交錯しながら押し込んで先制。同22分、CKにMF福田航太が頭で合わせて追加点。さらにFW松尾篤が2得点し4―0で折り返した。後半は松尾と途中出場した新加入のFW金村賢志郎がそれぞれ2点、FW石塚功志が1点を挙げる活躍をみせた。

 坂井は前半11分、MF渡邉優希が先制点を決めたが守備の乱れから2失点。追いかける展開になった後半、再び渡邉のシュートで追いつくと、FW坂井優介がヘディングシュートで決勝点を挙げた。

 次節は29日、サウルコスが富山新庄クラブと富山県の日医工スポーツアカデミーグラウンドで、坂井がFC北陸(石川)と石川県の北陸大フットボールパークで対戦する。

関連記事
あわせて読みたい