階段に立つ吉住英利さん。木造校舎独特の光沢と重厚さが目を引く=福井県越前市

 築50年以上になる福井県越前市の吉住英利さん(61)宅に、一般の住宅には似つかわしくない大きな階段がある。吉住さんによると、かつて同市岡本小学校の校舎で使われていたものだという。一般の人に公開しており「ぜひ卒業生らに見てほしい」と話している。

 幅約150センチ、23段の木造で、玄関正面に“そびえる”姿は存在感たっぷりだ。吉住さんの母が同市岡本小近くの定友町出身で、校舎建て替えの際にもらい受け、両親が自宅を新築する際に再利用したという。

 1月には自宅前に案内看板を設置した。見物料100円でコーヒーを提供している。

関連記事
あわせて読みたい