検問を行い、ひき逃げ死亡事件に関する情報提供を呼び掛ける福井県警鯖江署員ら=4月5日午後6時40分ごろ、福井県鯖江市

 章さんは毎年、事件が起きた4月13日が近づくと思い出して夜も眠れなくなるという。「ごめんなさいで済む話ではないが、犯人にはきちんと反省してもらわないといけない。10年前のことを覚えている人は少ないかもしれないが、ささいな情報でも寄せてほしい」と話している。

 県警によると、10年間で延べ約2万1千人の捜査員を投入、2080台を捜査した。5日夜は、鯖江署と県警交通指導課の計15人ほどが午後6時半から約1時間、現場付近でドライバーやスーパーの買い物客らにチラシを配り、情報提供を呼び掛けた。

 犯人や不審な車などに関する情報提供は同署交通課=電話0778(52)0110=まで。
 

関連記事