清水邦広選手

 4月14日に福井県福井市で開催される越前時代行列で、柴田勝家役を務める予定だった同市出身のバレーボール選手、清水邦広さん(31)=福井工大福井高出身=が、けがの治療により出演を中止することが4日発表された。所属先のパナソニックのメンバーで、清水選手と同期の福澤達哉選手(31)が代役を務める。

 ⇒【写真】代役を務める福澤選手

 第33回ふくい桜まつりの実行委員会が2月に発表した事業概要では、14日に行われるメインイベント「越前時代行列」の柴田勝家役は清水選手、お市の方役は2018ミス・ユニバース・ジャパン福井県代表の新谷万智子(しんたに・まちこ)さん(28)が務める予定だった。

 しかし、清水選手は2月のV・プレミアリーグ・ファイナル6の試合中に右膝関節を負傷。右前十字靱帯損傷で全治12カ月と診断された。

 清水さんは「皆さまに心よりおわびします。必ず元気な体で戻ってこられるよう手術、リハビリに励みます」とコメントを寄せた。

 事務局は「清水選手が出られないのは残念だが、パナソニックの皆さんにまつりを盛り上げてもらえたら」と話している。

関連記事