福井県坂井市内で雪に埋もれた車内で亡くなった富山県の男性の母親が福井新聞に寄せた手紙

 福井県嶺北地方が記録的な大雪に見舞われた2月7日、同県坂井市丸岡町上竹田の国道364号で富山県の男性=当時(19)=が雪に埋もれた車内で一酸化炭素中毒死した事故で、男性の母親(55)は3月27日の四十九日を前にしたためた手紙を福井新聞に寄せた。「すぐに助けに行ってくれていたら…。これは人災です」と愛息を失った悔しさを強く訴えた。福井新聞の取材に「同じ事を繰り返さないよう、息子のことを思い出してほしい」と願った。

 福井県警や日本自動車連盟(JAF)によると、男性は2月7日午前0時ごろ、車が雪に乗り上げて立ち往生し、JAFに救出を求めたが、到着しなかったため午前9時半ごろ110番通報した。母親も同10時以降、少なくとも3回県警に電話し「早く行ってほしい」と要請。男性が体調不良を訴えていなかったことなどから、県警は緊急性は低いと判断、道路管理者の福井県が手配済みの除雪車の到着を待つよう伝えた。

 母親の手紙は「“どうして誰も来てくれんがけよ”。息子の心の声が耳から離れません。おだやかな、本当に眠っている時の顔でした」と始まる。「ただJAFを信じ、警察を信じ、助けを待っていました。私も助けに行けませんでした」。県警には「死んだらどうするんですか」と母親も嘆願。「(立ち往生してから)9時間以上もたっているし、薄着で防寒着も着ていない」とも伝えたという。これ以上何て言えば緊急と思ってもらえたのか-。やり場のない怒りを書き記している。

 車内で亡くなっている男性を除雪業者が発見したのは、110番通報から約9時間後の午後6時40分ごろ。「除雪しないと通れなかったのかもしれませんが、すぐに人だけでも(歩いて)助けに行ってくれていたら…」。県警が道路管理者に男性の情報を伝えなかったことには「業者の方に、地元の方になぜ息子の存在が伝わっていなかったのか、どうしても納得がいきません」とやるせない思いを吐露。「真摯に受け止め…とはどういう意味でしょうか」と県警への不信感を示し、「いまだ謝罪はありませんが、もう息子は戻りません。将来の大黒柱になる、大事な息子でした」と悲しみの言葉で締めくくられている。

 母親は福井新聞の取材に「通報者に状況をもっと詳しく聞き出すなどして、雪による立ち往生で二度と犠牲者を出さないようにしてほしい」と語った。

 県警は今回の大雪を教訓に▽道路管理者と緊密に連携する▽車が立ち往生した場合、一酸化炭素中毒への注意喚起を確実に行う―としている。

関連記事