炎を上げて燃える焼き鳥店=26日午後11時55分ごろ、福井県あわら市温泉5丁目

 26日午後11時45分ごろ、福井県あわら市温泉5丁目の「ゆのまちぷらざ」1階の焼き鳥店「とり安」から出火。鉄骨2階建てのテナントビル1階の「とり安」店舗約60平方メートルを全焼し、約1時間10分後に消えた。けが人はなかった。

 店は午後10時半ごろ閉店し出火時は店の人はいなかった。

 ゆのまちぷらざは芦原温泉街の北部にあり、近くには温泉旅館や温泉施設もある。以前は小規模なショッピングセンターとして運営されスーパーなども入っていた。現在は衣料品店と「とり安」だけが営業している。2階はグラウンドゴルフ場になっており、雨の日などにお年寄りたちが集まって使っている。

 芦原温泉では2017年10月27日深夜に6棟を全焼する火災があったばかりで、深夜に鳴り響くサイレンが市民や温泉客を驚かせた。

関連記事
あわせて読みたい