再選を果たし万歳する中塚寛氏=25日午後9時40分ごろ、福井県おおい町本郷の選挙事務所前

 任期満了に伴う福井県おおい町長選は25日投票が行われ、即日開票の結果、現職で無所属の中塚寛氏(58)=名田庄三重=が、元町議で無所属新人の松宮史知氏(58)=尾内=を1503票差で破り再選を果たした。投票率は80・01%で前回を1・1ポイント下回った。

 町長選は2014年の前回と同じ顔ぶれとなった。中塚氏は、子育てや起業・創業の支援策を軸に主張。1期目から掲げる「みんなが主役のまちづくり」を一貫して訴え、地元名田庄をはじめ、町内全域から幅広く支持を集めた。

 中塚氏は午後9時40分ごろ、同町本郷の選挙事務所で約200人の支持者に囲まれ万歳した。2期目に向けては「大飯原発1、2号機の廃炉影響軽減や、高齢化対策に取り組んでいかないといけない。みなさんと共に課題を解決していきたい」と抱負を述べた。

 松宮氏は子育て支援策のほか、農地の荒廃を防ぐシステムの構築などを訴えてきたが及ばなかった。午後9時55分ごろ、同町成和の選挙事務所に姿を見せ、「私の努力、アピールが足りなかった。良い結果が出ず申し訳ありません」と何度も頭を下げた。

 投票は大飯地域(12カ所)が午前7時~午後8時、名田庄地域(9カ所)は午前7時~午後7時に行われ、午後9時から町役場で開票された。

 ■おおい町長選開票結果(選管最終)
定数:1立候補:2
開票率:100%
当 中塚  寛 3446
  松宮 史知 1943

関連記事
あわせて読みたい