坪田光司氏

 セーレン(本社福井市、川田達男CEO)は23日開いた取締役会で、新社長に坪田光司・代表取締役副社長執行役員が昇格する役員人事を内定した。4月1日付で社長代行となり、6月下旬に予定している株主総会後の取締役会で正式に社長に就任する。結川孝一社長は、特命担当の取締役兼執行役員となる。

 社長交代について、同社は「新年度から大きな組織変更を予定しており、それに伴って役員の役割分担も変わるためだ」と説明。新規事業の創出やグローバル事業の拡大に向けて経営体制を刷新し、強化するとしている。組織変更の詳細に関しては「まだ明らかにできない」としている。

 坪田氏は、同社の主力である自動車内装材事業に長く携わってきた。現在はグローバル経営戦略本部副本部長を務め、スポーツ・ファッション衣料、インテリア、医療資材などの事業を統括している。

 結川氏は2014年6月に社長に就いた。グローバル経営戦略本部副本部長を務め、車輌資材事業を統括してきた。

関連記事