浄土真宗の法要とテクノ音楽を融合させたテクノ法要の一場面(サイト「ECHIWA」より)

 福井市の照恩寺が取り組む、浄土真宗の法要とテクノ音楽を融合させた「テクノ法要」が24日夜、同市中央1丁目の広場「ガレリアポケット」で営まれる。「駅前ディスコ法要」と銘打って県内外の実力派DJも多数参加。国内外から注目を集める仏教の新たな試みと多彩な音楽が共演し、福井のまちなかを盛り上げる。入場無料。

 JR福井駅周辺の商店主、県内外の音楽愛好家らが「駅前でテクノ法要をやろう委員会」を立ち上げ、同寺住職の朝倉行宣さん(50)を招いて初めて開く。近くのバーがブースを出店し、お酒も楽しめる大人のイベントとして演出する。

 テクノ法要は朝倉さんがお寺を地域に開き、若者にも気軽に足を運んでもらえる場所にしようと2016年5月に始めた。現代の技術で「お浄土」を表現しようと音楽に合わせてプロジェクションマッピングも駆使。報道や会員制交流サイト(SNS)で動画が拡散し、国内外から広く注目を集めている。

 イベントは午後6時から同9時。テクノ法要に共感する県内外のDJも参加し、テクノ以外のジャンルの音楽でも会場を盛り上げる。インターネットの動画配信サイト「ニコニコ生放送」での中継も決まっている。

 屋外でのテクノ法要は初めてとなる朝倉さんは「企画してくれた委員会の皆さんと一緒に福井駅前を盛り上げたい」と来場を呼び掛けている。

関連記事