防衛省中国四国防衛局は23日、神奈川県の米軍厚木基地から山口県岩国市の岩国基地への空母艦載機移駐計画で、残るFA18戦闘攻撃機の2部隊(24機程度)が早ければ24日以降、移駐を始めると明らかにした。23日、山口県に伝えた。

 岩国基地へは、既にFA18やEA18G電子戦機など35機程度が移駐。防衛局は当初、予定された計約60機の移駐が5月ごろ完了するとしていたが、前倒しとなる見通し。

 防衛局の担当者は早まった理由を「米軍側の総合的な判断」と説明。詳しい内容は明らかになっていない。

 移駐が完了後、岩国基地の所属機は約120機に倍増する。

関連記事