福井のPRに意欲を見せるミス・グランド・ジャパン2017準グランプリの勝本有莉実さん=22日、福井市役所

 世界的ミスコンテストの日本大会「ミス・グランド・ジャパン2017」で、福井市出身のモデル兼看護師、勝本有莉実(かつもと・ありさ)さん(26)=東京都=が準グランプリに輝いた。22日には福井市役所を訪れ、東村新一市長と懇談。今後の活動に向け「世界の人に福井の良さを知ってもらえたら」と抱負を語った。

 勝本さんは福井県立足羽高出身でバスケットボールにいそしんだ。「自分を変えてみたい」とコンテストにエントリーした。

 15年から始まったコンテストで、本選には約90カ国からエントリーがあった。日本大会には全国から約700人が出場。勝本さんは三つの選考を通過し最終選考対象となる8人のファイナリストとなり、2017年9月に準グランプリを獲得した。

 ミスコンテストは今回が初出場。人前に立つことは苦手だったが、各種イベントや番組、ファッションショーに出演するようになり、表現力を磨くきっかけになったという。「福井は人がすごくよく、食べ物もおいしい。県外に出て分かることがあった」と話し、PRに意欲を示した。

 同コンテストの事務局推薦を受け、4月にはエジプトで開催されるミス・エコ・インターナショナルに出場する。東村市長は「健闘をお祈りする」とエールを送った。

関連記事