大統領を辞任したティン・チョー氏

 【ヤンゴン共同】ミャンマーのティン・チョー大統領(71)が21日、辞任した。大統領府がフェイスブックで発表した。辞任は自身の意向という。健康問題が取り沙汰されていた。アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は信頼できる側近を失ったことになり、難しい政権運営を迫られる可能性がある。

 ティン・チョー氏は元経済官僚。スー・チー氏が設立した慈善団体の幹部を務めながら、スー・チー氏が党首を務める与党、国民民主連盟(NLD)の活動を支えてきた。2016年3月30日に大統領に就任した。

関連記事