財務省は20日の参院財政金融委員会で、佐川宣寿前国税庁長官の退職金が規定により約4999万円になることを明らかにした。減給の懲戒処分に伴い約66万円が減額されるとし、現時点では支払われていないと説明した。

関連記事
あわせて読みたい