【10年前のきょう・2008年3月21日】本県沖で水揚げされたことを示すロゴマークのシールを張った魚介類商品が二十一日、県内の食品スーパー店頭にお目見えした。

 漁業者や流通、加工などの水産団体、県、福井市中央卸売市場でつくる越前・若狭のさかな販売協議会が、販促活動の一環としてロゴマークを製作。小売店などと連携しててん付商品を増やし、消費拡大を図る。

関連記事