ウーバーが試験走行に使う自動運転車=7日、米ピッツバーグ

 【ニューヨーク共同】米西部アリゾナ州の公道を試験走行していた米配車大手ウーバー・テクノロジーズの自動運転車が、道路を歩いて横断していた女性をはねる事故を起こしたことが19日、明らかになった。女性は病院に搬送されたが、死亡が確認された。米メディアが報じた。自動運転車の試験中に歩行者が死亡する事故が起きたのは初めてとみられる。

 ウーバーは「地元当局の捜査に全面的に協力する」との声明を出し、米国とカナダの計4都市で実施していた公道試験を中断すると表明した。米道路交通安全局(NHTSA)も事故原因を調査する。

関連記事