松原さんのチヌ魚拓

 【越前海岸】鷹巣、崎、茱崎、大樟などでメバルがまずまず。日中はオキアミ、青虫などの餌を使った穴釣りで、夕まずめや夜はワームなどのルアーで18~25センチが1~5匹。アジは三国突堤で夕まずめ中心に25センチ級が2~5匹。日によって釣果のない時も。

 【福井新港】チヌはパイプライン、サッカー場下、第2排水口、北防で40~50センチが釣れる。数を上げるには正確な棚取りが重要。10日に松原正芳さん(坂井市)がウキフカセ釣りで52センチ=魚拓。岸壁沿いでソイ、カサゴ、メバルが上々。アジの情報は乏しい。

 【嶺南】小浜湾内の地磯や西小川の沖磯で35~50センチのチヌ、40センチ級のグレ。内外海地区などの防波堤でメバル。おおい、高浜方面は厳しい状況。水温上昇とともにチヌ、良型アジに期待がかかる。

 【河川】サクラマスは中角橋、九頭竜橋、福井大橋、天池橋、えち鉄や北陸道の高架下周辺で釣果。50~65センチが目立つ。
 

福井新港
チヌ
河川
サクラマス
嶺南
チヌ、グレ
越前海岸
メバル
関連記事