国会議員に拉致問題の解決を要望する地村保志さん(右から3人目)ら=12日、東京都内

 米朝首脳会談が実現する見通しとなるなど、北朝鮮をめぐって国際社会が動きだす中、福井県小浜市の拉致被害者、地村保志さん(62)は3月12日、救う会福井のメンバーとともに、初めて国会議員事務所を回った。「北朝鮮に残された被害者の健康が心配」「拉致が昔話のようになっている」。当事者として、拉致問題の解決と啓発を直接訴えた。拉致が核・ミサイル問題で覆い隠されてしまう懸念がある中、関係者は「地村さんの生の声は、何よりも重い」と話している。

 ■事務所回り

 東京都内の参議院会館。次は衆議院会館。地村さんは、救う会福井のメンバーら6人とともに、福井県選出、ゆかりの国会議員事務所7カ所を2時間以上かけて回り、要望書を手渡した。

 中身は▽今年中の全面解決▽帰国被害者への支援▽啓発活動▽残された被害者の安全確保▽特定失踪者の真相究明―の5項目。受け取った山崎正昭参院議員は「いずれ(安倍晋三)総理は訪米する。近々会うので『特に拉致を頼む』とお願いする」と答えた。

 会のメンバーと国会議員に要望するのは初めてという地村さんは「2年前に退職してから、署名活動など会の取り組みに参加していることもあり、少しでも協力したかった」と理由を語る。

関連記事
あわせて読みたい