中国全人代の全体会議で副主席に選出された王岐山氏(左)と握手する習近平国家主席=17日、北京の人民大会堂(共同)

 【北京共同】中国の全国人民代表大会(全人代=国会)は17日、全体会議を開き、習近平国家主席(64)を再選し、副主席に習氏の腹心、王岐山・前共産党中央規律検査委員会書記(69)を選出した。党の役職を退いた人物の起用は異例。憲法改正で長期支配への道を開いた習氏は、より強い体制づくりを目指す。王氏は事実上のナンバー2となりそうだ。

 王氏は1期目の習指導部で反腐敗運動を指揮し、習氏の権力基盤固めに貢献。中国人民銀行副総裁や金融担当の副首相などを歴任した経済通で、対米交渉にも携わった。習氏が、米中貿易摩擦への対処などを王氏に担わせるとの見方がある。

関連記事