雪崩の影響で全面通行止めが続く国道158号(大野市蕨生(わらびょう)―下山)について、福井県奥越土木事務所は14日から、午前7時~午後6時の時間帯に限り規制を解除する見通しと13日発表した。14日朝に安全を確認した上で実施し、片側交互通行とする予定。

 同市仏原のスノーシェッド付近で8日夜発生した雪崩で、スノーシェッドの天井の一部も崩落。山側斜面の雪を移動し、天井には仮設の土のうを設置したが、斜面上部には相当量の雪があるとして、職員が斜面を監視できる日中のみの解除とした。

 JR西日本は、14日も越美北線の福井―九頭竜湖間で臨時列車を運行する。

関連記事
あわせて読みたい