福井県勢最高の女子3位に輝いたniko=佐賀県総合体育館

 バスケットボールの第44回全日本クラブ選手権最終日は12日、佐賀県総合体育館で男女準決勝、決勝が行われた。福井国体に向け結成された福井県勢女子のnikoは、準決勝で強豪AFBB(東京)に延長戦の末81―87で競り負けたが、県勢過去最高の3位に輝いた。

 nikoは前半、ゴール下を固め、相手ミスのリバウンドを奪って攻めるなど主導権を握り、45―32とリードして折り返した。疲れが見え始めた後半は相手の勢いが上回り、第4クオーターに76―76の同点に追いつかれた。延長戦に入り5―11で屈した。

 男女各32チームのトーナメント戦。nikoは1、2回戦を勝ち上がり、準々決勝でQUEEN BEE(千葉)を下し、県勢初の4強入りを果たした。

 男子はSWOOPS(岐阜)、女子はAFBBが優勝した。

関連記事